つながる特許庁
読み込み中...

つながる特許庁

in 松本

日 時
2022年131日(月)13:00~17:00(開場 12:30)
会 場
キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)3階 国際会議室
主  催:
特許庁、関東経済産業局
共  催:
INPIT((独)工業所有権情報・研修館)
後  援(予定):
長野県、松本市、松本商工会議所、北陸信越商工会議所連合会、日本弁理士会東海会、(一社)長野県商工会議所連合会、長野県商工会連合会、長野県中小企業団体中央会、(公財)長野県中小企業振興センター、(一社)長野県発明協会、(一社)日本知的財産協会、日本弁理士会、日本弁護士連合会、弁護士知財ネット、(独)中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会、(一財)日本規格協会

news

お知らせ

event
イベント

無料 要申込

特許庁及び関東経済産業局では、1月31日(月)に松本市にて「つながる特許庁 in 松本」を開催しますので、皆様のご参加をお待ちしております。
イベントの様子は全国にもYouTube Liveでオンライン配信します。
※現地参加、オンライン参加ともに事前申込が必要です。

timetable
タイムテーブル

開会挨拶

13:00
|
13:15

・主催者挨拶
特許庁総務部長 小見山康二、関東経済産業局長 濱野幸一

・来賓挨拶
松本市長 臥雲義尚氏

メインセッション『地域の未来を拓く ”地域資源“そして”人“』

13:15
|
14:30

 

登壇者
信州大学 副学長/産学官連携・地域総合戦略推進本部長 林靖人氏

サブセッション 『地域の魅力を活かしたブランディングと地域活性化』

14:45
|
15:45

 

登壇者
信州大学 副学長/産学官連携・地域総合戦略推進本部長 林靖人氏(モデレーター)
大信州酒造株式会社 代表取締役社長 田中隆一氏(パネリスト)
株式会社松本ブルワリー 代表取締役 林幸一氏(パネリスト)

サブセッション 『長野県地域特産品(加工食品)のブランディング戦略』

16:00
|
17:00

 

登壇者
長野県地域資源製品開発支援センター 総合プロデューサー 五味英紀氏
INPIT長野県知財総合支援窓口 知的財産アドバイザー 久保順一氏

main session
メインセッション

無料 要申込
13:15〜14:30

講演

『地域の未来を拓く ”地域資源“そして”人“』

地域ブランディングは、地域資源の独自性や魅力を磨き上げることであり、その取り組みへの人々の巻込みは、さらなるイノベーションの誘発や経済波及効果、地域の誇り・愛着醸成など、地域活性化への好循環が期待できる。
しかし、その好循環は地域内での対話や関係人口との交流など、人によってのみ、他に代えがたい存在(Irreplaceable)へと昇華される。では、松本、そして信州の魅力とは何か。信州大学・富山大学・金沢大学が地域を超えて取り組む、地域の再定義手法とその人材育成プログラム「ENGINE」を紹介しながら、地域の未来を切り拓くために、地域がいま取り組むべきことを伝える。

講師:信州大学 副学長/産学官連携・地域総合戦略推進本部長 林靖人

■所属等
[教員所属]信州大学学術研究院 人文・社会学域 総合人間科学系 教授
[業務執行組織]副学長(エンロールメント・マネジメント担当)
[教育研究組織]
・学術研究・産学官連携推進機構
-産学官連携・地域総合戦略推進本部(リエゾン)本部長
-ユニバーシティ・エンゲージメント室長
-URA室 副室長
・教育・学生支援機構
-全学横断特別教育プログラム推進本部長
-キャリア教育・サポートセンター長
-環境マインド推進センター 副センター長
・社会基盤研究所
-地域デザイン部門 併任教員

■学歴
・信州大学 人文学部 人間情報学科 学士課程卒業(学士:文学)
・信州大学大学院 人文科学研究科 修士課程修了(修士:文学)
・信州大学大学院 総合工学系研究科 博士課程修了(博士:学術)

■職歴
・特定非営利活動法人SCOP(Since2014〜)
 第1期 信州大学認定ベンチャー
 主任研究員、理事、理事長(H20.8月末退社)
・信州地域デザインセンター(UDC信州)副センター長 (※全国20番目の設置)
・信州たかもり熱中小学校 教頭 (※全国12番目の設置)

林靖人
林靖人氏

sub session
サブセッション

無料 要申込
14:45〜15:45

パネルディスカッション

『地域の魅力を活かしたブランディングと地域活性化』

松本市で実際に、この地域の魅力を大切にしたブランド価値創出に取り組んでいる企業から、これまでの取組や、地域への思い、ブランディング戦略、将来に向けた取組等ついての具体的な事例を紹介いただき、地域全体を活性化させるためのブランディングの在り方についてのパネルディスカッションを行う。

モデレーター:信州大学 副学長/産学官連携・地域総合戦略推進本部長 林靖人

■所属等
[教員所属]信州大学学術研究院 人文・社会学域 総合人間科学系 教授
[業務執行組織]副学長(エンロールメント・マネジメント担当)
[教育研究組織]
・学術研究・産学官連携推進機構
-産学官連携・地域総合戦略推進本部(リエゾン)本部長
-ユニバーシティ・エンゲージメント室長
-URA室 副室長
・教育・学生支援機構
-全学横断特別教育プログラム推進本部長
-キャリア教育・サポートセンター長
-環境マインド推進センター 副センター長
・社会基盤研究所
-地域デザイン部門 併任教員

■学歴
・信州大学 人文学部 人間情報学科 学士課程卒業(学士:文学)
・信州大学大学院 人文科学研究科 修士課程修了(修士:文学)
・信州大学大学院 総合工学系研究科 博士課程修了(博士:学術)

■職歴
・特定非営利活動法人SCOP(Since2014〜)
 第1期 信州大学認定ベンチャー
 主任研究員、理事、理事長(H20.8月末退社)
・信州地域デザインセンター(UDC信州)副センター長 (※全国20番目の設置)
・信州たかもり熱中小学校 教頭 (※全国12番目の設置)

林靖人
林靖人氏

パネリスト:大信州酒造株式会社 代表取締役社長 田中隆一

昭和36年酒屋の長男として生まれる。
高校まで松本で過ごし、東京農業大学醸造学科へ進学。
昭和60年卒業後、酒類卸問屋を経て、昭和62年大信州酒造株式会社入社。平成17年社長に就任し現在に至る。
なんとなく流れるままに後継した家業だったが、平成初期に業界の先行きの暗さと家業の実態に直面し目が覚める。日頃心に置いていることは、「幸福実感の創作活動」と「目的から始めよ! BE⇒DO⇒HAVE」。
酒席は好きだが酒は弱い。お酒にはそれぞれの場面に適した出番があると考えているので、どの酒類にも存在意義はあるが、良心から生まれたお酒がお客様から選ばれて欲しいと願う。
日本酒を飲んでいると無意識に官能評価になるので、気楽な場面ではクラフトビールやワインを楽しむ。

田中隆一
田中隆一氏

パネリスト:株式会社松本ブルワリー 代表取締役 林幸一

1967年
松本市生まれ 仏ホテルチェーン「クラブメッド・サホロ」入社
英国大使館開催 カクテルコンペティション/優勝 同ロンドン大会 日本代表/総合 第四位
社団法人日本バーテンダー協会主催 全国バーテンダー技能競技大会/総合優勝(厚生労働大臣賞受賞)など国内外の競技会で入賞してきた。1998年に松本市内に飲食店を開業。2016年には株式会社松本ブルワリーを創業、代表取締役に就任。
松本生まれの松本育ち、ビアフェス信州を有志と立ち上げるなど、地域の魅力を生かした取り組みに奮闘中。

林幸一
林幸一氏
16:00〜17:00

事例紹介

『長野県地域特産品(加工食品)のブランディング戦略』

長野県は、「県ものづくり産業振興戦略プラン」に基づき、県内の魅力ある農林水産物等の地域資源を活用した高付加価値製品を創出するため、INPIT知財総合支援窓口((一社)長野県発明協会)と連携し、県内地域特産品のブランディングによる事業展開等を知財面から支援している。
地域の魅力を活かした加工食品等の支援事例について、県機関と支援機関からそれぞれ紹介する。

講師:長野県地域資源製品開発支援センター 総合プロデューサー 五味英紀

長野県出身
1978年 長野県工業試験場(現工業技術総合センター)にて県産品の商品開発・デザインに係る研究・支援
1982年 精密・情報機器メーカーにて商品デザイン、デザイン業務受託事業のプロデュース
2002年 (上記と並行して)長野県デザイン振興協会を立ち上げて事務局、「信州ブランドフォーラム」「信州ブランドアワード」「デザインコンペ〝LIFE DESIGN信州〟」「県内企業のブランドづくりやデザイン支援」他、地域産業及びデザイン振興事業をプロデュース
2013年 長野県工業技術総合センター(松本市)にて現職、県下事業者の商品開発やデザインを支援

五味英紀
五味英紀氏

講師:INPIT長野県知財総合支援窓口 知的財産アドバイザー 久保順一

長野県生まれ。長野高専機械工学科を卒業後、長野県内の企業に就職し、機械設計業務に従事。28歳で名古屋大学法学部に編入学(高専・短大からの国立大3年次編入は全国初)。同校を卒業後、大手企業特許部を経て長野県内の企業に再び勤務し、知的財産・法務を含む技術管理を担当。2016年より現職。
「地酒王国信州」、「ワイン王国信州」、「知財から見た信州のみそ造り」、「知的財産から見た信州の伝統野菜」、「信州の観光スポットと知的財産」等、長野県の産業をテーマにした多数の論文あり。
りんご生産者として農業協同組合(JA)に加入中。

久保順一
久保順一氏




開催案内チラシはこちら

movie
PR動画 Coming soon

advice
相談コーナー

無料
  • 新しい技術を開発したけれど、これで特許はとれるの?意匠は?
  • 商品・サービスのネーミングを相談したい
  • 経営上の悩み(販路開拓、資金繰り、経営革新、創業支援)を相談したい!
  • 営業秘密の管理ってどういうこと?
  • 海外進出を考えているけれど、知財で気を付けるべき点は?

右

現地会場では、こんな知財や経営に関する疑問やお悩みに、特許庁職員やINPIT知財総合支援窓口、よろず支援拠点、日本規格協会の支援担当者等がお答えします。お気軽にご相談ください!

other
その他

現地会場には、特許庁の支援施策等をご紹介する展示コーナーやパンフレットコーナーを設置します。 また、特許庁が作成しているパンフレットは、以下からも閲覧・ダウンロードできます。

access
会場アクセス

会場

キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)3階 国際会議室

長野県松本市大字水汲69-2

アクセス

電車
JR中央線・篠ノ井線 松本駅下車

バス
松本駅からバス約20分
松本バスターミナル1番または2番より乗車
【1番】信大横田循環線「総合体育館」で下車。徒歩約3分
【2番】横田信大循環線「松本第一高校」で下車。徒歩約5分

車・タクシー
高速・長野道「松本IC」より約30分
駐車場660台