つながる特許庁
読み込み中...

つながる特許庁

in 長岡

日 時
2021年1224日(金)13:00~17:00(開場 12:30)
会 場
長岡グランドホテル
主  催:
特許庁、関東経済産業局
共  催:
INPIT((独)工業所有権情報・研修館)
開  催
協  力:
長岡鉄工業青年研究会、中越鋳物青年研究会
後  援(予定):
新潟県、長岡市、北陸信越商工会議所連合会、日本弁理士会北陸会、新潟県商工会連合会、新潟県中小企業団体中央会、(公財)にいがた産業創造機構、(一社)新潟県発明協会、長岡商工会議所、長岡産業活性化協会NAZE、(一社)日本知的財産協会、日本弁理士会、日本弁護士連合会、弁護士知財ネット、(独)中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会、(一財)日本規格協会

news

お知らせ

event
イベント

無料 要申込

特許庁及び関東経済産業局では、12月24日(金)に長岡市にて「つながる特許庁 in 長岡」を開催しますので、皆様のご参加をお待ちしております。
イベントの様子は全国にもYouTube Liveでオンライン配信します。
※現地参加、オンライン参加ともに事前申込が必要です。

timetable
タイムテーブル

開会挨拶(予定)

13:00
|
13:15

・主催者挨拶
特許庁審査第二部長 髙原愼太郎、関東経済産業局 地域経済部長 中嶋重光

・来賓挨拶
長岡市長 磯田達伸氏

メインセッション『知財が地域企業の価値を高める ~経営課題に活かす知的財産マネジメント~』

13:15
|
14:35

登壇者
弁護士法人内田・鮫島法律事務所 代表パートナー弁護士 鮫島正洋氏

サブセッション 『カーボンニュートラルの実現に向けた自動車産業の動向と知財の活用』

14:45
|
15:45

 

登壇者
日本精機株式会社 技術本部 知的財産部 マネジャー 弁理士 小林宣章氏
株式会社イーパテント 代表取締役社長 野崎篤志氏
弁護士法人内田・鮫島法律事務所 代表パートナー弁護士 鮫島正洋氏(モデレーター)

サブセッション 『次世代につなげる地域産業の戦略としての知財とオープンイノベーション』

16:00
|
17:00

 

登壇者
黒田特許法律事務所 日本弁理士会北陸会副会長 弁理士 黒田勇治氏
長岡市役所商工部 産業イノベーションアドバイザー 武藤睦治氏
長岡工業高等専門学校 環境都市工学科 教授 村上祐貴氏
長岡造形大学 建築・環境デザイン学科 教授 渡邉誠介氏

main session
メインセッション

無料 要申込
13:15〜14:35

講演

『知財が地域企業の価値を高める ~経営課題に活かす知的財産マネジメント~』

地域で新たな価値を創出するためには、社会に求められる野心的かつ先進的なチャレンジの実現を支援することが重要です。また、不確実性が高いVUCA時代、地域の持続可能性を高めるためには、地域企業が外部環境の変化を適切にとらえることが必要になっています。外部環境の変化に対応し、新たなチャレンジを実現するためには知財の観点は不可欠です。知財を活用することで企業価値を向上させ、地域の持続可能性を高めるヒントをお伝えします。

講師:弁護士法人内田・鮫島法律事務所 代表パートナー弁護士 鮫島正洋

東京工業大学金属工学科卒業。藤倉電線㈱(現 ㈱フジクラ)にてエンジニア(電線材料の開発)、92年弁理士登録後、日本アイ・ビー・エム㈱にて知的財産業務を経て99年弁護士登録。2004年内田・鮫島法律事務所を設立、現在に至る。
弁護士業に留まることなく、知財戦略、知財マネジメント、知財政策など多方面にかかる貢献に対して2012年知財功労賞受賞。オープンイノベーションに関連する複数の政府委員歴任、政策動向にも詳しい。
 著書;「技術法務のススメ」(日本加除出版2014)〔共著〕、「知財戦略のススメ コモディティ化する時代に競争優位を築く」(日経BP2016)〔共著〕など。「下町ロケット」に登場する神谷弁護士のモデル。

鮫島正洋
鮫島正洋氏

sub session
サブセッション

無料 要申込
14:45〜15:45

講演

『カーボンニュートラルの実現に向けた自動車産業の動向と知財の活用』

カーボンニュートラルの実現に向けて、ガソリン車から電気自動車へのシフトが起こりつつあります。長岡市内には自動車部品製造業が多く集積しており、それが強みとなる一方、外部環境の変化により需要が一気に落ち込む可能性があります。自動車産業の現在の知財動向についてお伝えし、市内企業の取り組み事例を踏まえつつ、どうすれば地域企業が事業転換に取り組むことができるのかを探ってまいります。

講師:日本精機株式会社 技術本部 知的財産部 マネジャー 弁理士 小林宣章

新潟県新潟市出身。2000年新潟大学法学部を卒業し、日本精機株式会社に入社。知的財産部で国内外特許出願、調査業務に従事。2012年に弁理士登録。2020年4月より現職。IPランドスケープ活動に挑戦中。趣味はスノーボード。

小林宣章氏

講師:株式会社イーパテント 代表取締役社長 野崎篤志

日本技術貿易株式会社、ランドンIPを経て2017年5月に株式会社イーパテントを設立し、代表取締役社長に就任。技術動向分析、競合他社分析、知財デューデリジェンス、中長期戦略策定支援・発明創出ワークショップなどの知財情報コンサルティング業務に従事。特許庁をはじめ講演・セミナー多数。2019年3月に特許情報普及活動功労者表彰特許庁長官賞受賞。著書に 『調べるチカラ』(日本経済新聞出版社)、 『特許情報分析とパテントマップ作成入門 改訂版』(発明推進協会)、『特許情報調査と検索テクニック入門』(発明推進協会)、『欧州特許の調べ方』(共著、情報科学技術協会)などがある他、論文・寄稿多数。YouTubeやnoteでも積極的に情報発信を行っている。

野崎篤志氏

モデレーター:弁護士法人内田・鮫島法律事務所 代表パートナー弁護士 鮫島正洋

東京工業大学金属工学科卒業。藤倉電線㈱(現 ㈱フジクラ)にてエンジニア(電線材料の開発)、92年弁理士登録後、日本アイ・ビー・エム㈱にて知的財産業務を経て99年弁護士登録。2004年内田・鮫島法律事務所を設立、現在に至る。
弁護士業に留まることなく、知財戦略、知財マネジメント、知財政策など多方面にかかる貢献に対して2012年知財功労賞受賞。オープンイノベーションに関連する複数の政府委員歴任、政策動向にも詳しい。
 著書;「技術法務のススメ」(日本加除出版2014)〔共著〕、「知財戦略のススメ コモディティ化する時代に競争優位を築く」(日経BP2016)〔共著〕など。「下町ロケット」に登場する神谷弁護士のモデル。

鮫島正洋氏
16:00〜17:00

講演

『次世代につなげる地域産業の戦略としての知財とオープンイノベーション』

これからの産業を担う若手経営層へ向けて、企業の技術と未来を守るために必要な知財知識と長岡市の先進的な取組みを紹介いたします。中小企業では権利化していない知財、特に製造業においては図面や金型が意図せず流出してしまうことが多いため、自社の強みを把握し、それを守る術をお伝えします。また、4大学1高専が立地する長岡市では「NaDeC構想」のもとに産学連携を進めております。オープンイノベーションでさまざまな課題解決に取り組んでいる状況についても紹介します。

講師:黒田特許法律事務所 日本弁理士会北陸会副会長 弁理士 黒田勇治

大阪工業大学機械工学部卒業、松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)生産技術研究所勤務を経て、平成元年に新潟県長岡市で特許事務所を開設。
新潟県内の中小企業を中心に知的財産の取得及び権利行使や防御の相談に携わる傍ら、長岡商工会議所「無料専門相談」、吉田商工会「無料特許相談会」等の相談員や、大学、高専、商工会議所等において知財セミナーの講師等を行う。
知的財産の発掘から活用まで、企業活動全体を俯瞰しつつ、研究開発段階から親身になってアドバイスし、クライアントの身近な相談相手として弁理士の業務を勤めている。
日本弁理士会副会長、日本弁理士会常議員、日本弁理士会北陸支部支部長等を歴任。令和3年度日本弁理士会北陸会副会長。平成18年産業財産権制度関係功労者表彰(経済産業大臣表彰)を受賞。

黒田勇治氏
黒田勇治氏

講師:長岡市役所商工部 産業イノベーションアドバイザー 武藤睦治

長岡技術科学大学名誉教授。2009年―2015年同大学理事・副学長。専門は機械工学、材料工学、システム安全。国内・海外学会の論文賞等14件受賞。Stanford大学が発表した世界の科学者ランキングの材料科学分野でトップ1%にランキング。50名を超える教え子の留学生が母国に戻り大学や産業界で活躍中。
2017年から長岡市の産業イノベーションアドバイザーに就任。IoTイノベーションハブ、介護イノベーションハブ、AIイノベーションハブ等のコーディネーターとして、オープンイノベーションの体制の下、産業各分野の現場課題の明確化と、その課題解決を目指した活動をすすめ、解決策に基づく製品化も実現。その他、地域産業界の生産性向上のため、IT・IoT・AIを活用したデジタル化の推進を目指す関連補助金等の事前相談、個別相談等を通し、地域企業のデジタル化、生産性向上を支援。

武藤睦治氏

講師:長岡工業高等専門学校 環境都市工学科 教授 村上祐貴

2008年 中央大学理工学部 土木学科 任期制助教
2009年 長岡工業高等専門学校 環境都市工学科 助教
2011年 長岡工業高等専門学校 環境都市工学科 准教授
2017年 長岡工業高等専門学校 環境都市工学科 研究推進准教授
2020年 長岡工業高等専門学校 環境都市工学科 教授
     長岡工業高等専門学校 環境都市工学科 研究推進教授
現在に至る

研究分野
劣化を生じたRC構造物の構造性能、補修・補強工法、点検手法に関する研究
技能継承法の体系化

受賞
2018年04月03日 平成29年度国立高等専門学校教員顕彰(若手部門) 理事長賞
受賞名:地域を学舎とする異分野融合教育・研究の実践
2016年06月10日 平成27年度土木学会田中賞(論文部門)
研究題目:塩害劣化したプレテンション式PC桁の載荷試験と解析による耐力評価手法の検討
2015年03月12日 平成26年度国立高等専門学校教員顕彰(若手部門) 優秀賞
受賞名:学生の当事者意識の覚醒による課題解決型人材の育成

村上祐貴氏

講師:長岡造形大学 建築・環境デザイン学科 教授 渡邉誠介

1993年 (株)アルメック 研究員
1994年 長岡造形大学 講師
1999年 同上 助教授
1999年 JICA専門家派遣によりAsian Institute of Technology(タイ王国)
    Assistant Professor(2001年まで)
2002年 長岡造形大学 環境デザイン学科 学科長(2008年まで)
2012年 同上 デザインセンター長
2013年 同上 教授
2014年 同上 地域協創センター長
2016年 同上 大学院研究科長
2018年 同上 研究推進部長兼任
2020年 同上 地域協創センター長、研究推進部長、図書館長 兼任
     NaDeC構想推進プロジェクトチームリーダー
現在に至る

その他
長岡市の醸造の町として知られる摂田屋地区でまちづくり活動に従事しNPO法人醸造の町摂田屋町おこしの会の会長を務めた

渡邉誠介氏




開催案内チラシはこちら

movie
PR動画 Coming soon

advice
相談コーナー

無料
  • 新しい技術を開発したけれど、これで特許はとれるの?意匠は?
  • 商品・サービスのネーミングを相談したい
  • 経営上の悩み(販路開拓、資金繰り、経営革新、創業支援)を相談したい!
  • 営業秘密の管理ってどういうこと?
  • 海外進出を考えているけれど、知財で気を付けるべき点は?

右

現地会場では、こんな知財や経営に関する疑問やお悩みに、特許庁職員やINPIT知財総合支援窓口、よろず支援拠点、日本規格協会の支援担当者等がお答えします。お気軽にご相談ください!

other
その他

現地会場には、特許庁の支援施策等をご紹介する展示コーナーやパンフレットコーナーを設置します。 また、特許庁が作成しているパンフレットは、以下からも閲覧・ダウンロードできます。

access
会場アクセス

会場

長岡グランドホテル

新潟県長岡市東坂之上町1-2-1

アクセス

JR上越新幹線・信越本線「長岡駅」から徒歩3分