つながる特許庁
読み込み中...

つながる特許庁

in 津

日 時
2021年1214日(火)13:00~17:20(開場 12:30)
会 場
ホテルグリーンパーク津 6階 伊勢
主  催:
特許庁、中部経済産業局
共  催:
INPIT((独)工業所有権情報・研修館)
後  援(予定):
三重県、津市、三重大学、(株)三重ティーエルオー、日本弁理士会東海会、三重県商工会議所連合会、東海商工会議所連合会、津商工会議所、三重県商工会連合会、(一社)三重県発明協会、(公財)三重県産業支援センター、(一社)日本知的財産協会、日本弁理士会、日本弁護士連合会、弁護士知財ネット、(独)中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会、(一財)日本規格協会

news

お知らせ

event
イベント

無料 要申込

特許庁及び中部経済産業局では、12月14日(火)に津市にて「つながる特許庁 in 津」を開催しますので、皆様のご参加をお待ちしております。
イベントの様子は全国にもYouTube Liveでオンライン配信します。
※現地参加、オンライン参加ともに事前申込が必要です。

timetable
タイムテーブル

開会挨拶(予定)

13:00
|
13:10

・主催者挨拶
特許庁審査第三部長 中槇利明

・来賓挨拶
三重県雇用経済部 部長 島上聖司氏

メインセッション『地域イノベーション学研究科の歩みと大学で生まれる知的な財産』

13:10
|
14:10

 

登壇者
三重大学大学院 地域イノベーション学研究科長 小林一成氏

サブセッション

14:15
|
14:55

『地域からのイノベーション』

 

登壇者
株式会社ナベル 代表取締役 永井規夫氏

14:55
|
15:10

休憩

15:10
|
15:50

『知財を活用し、住宅の環境技術を全国展開』

 

登壇者
株式会社尾鍋組 代表取締役 尾鍋哲也氏

15:55
|
16:35

『知的財産を活用した零細企業の自社製品開発』

 

登壇者
日本エレメント株式会社 代表取締役
志摩環境事業協同組合 膜事業部 統括部長 宝門豊氏

16:40
|
17:20

『まだ成功していないロボットベンチャーのリアルな取り組み』

 

登壇者
株式会社三重ロボット外装技術研究所 代表取締役 森大介氏

main session
メインセッション

無料 要申込
13:10〜14:10

講演

『地域イノベーション学研究科の歩みと大学で生まれる知的な財産』

地域共創に注力する三重大学は、2009年に独立研究科である地域イノベーション学研究科を設立した。当研究科は、地域との連携を通した教育と研究により、「課題解決力のある研究開発人材」と「地域にゼロから1を創造できる社会起業家人材」を地域社会に輩出することを目指している。講演では、地域を活性化するための当研究科の歩みと未来を中心にお話しするとともに、大学発の「知財」について、一研究者としての経験から語りたい。

講師:三重大学大学院 地域イノベーション学研究科長 小林一成

昭和60年三重大学大学院農学研究科修士課程修了、昭和63年名古屋大学大学院医学研究科博士課程満期退学、同年三重大学生物資源学部助手。平成15年同助教授を経て平成19年三重大学生命科学研究支援センター教授。平成21年に大学院地域イノベーション学研究科が発足し、副研究科長就任。研究開発能力とプロジェクトマネジメント能力を兼ね備えた人材の養成に従事。平成25年に同研究科長、平成29年に再び同副研究科長を経て令和3年より再び同研究科長に就任。地域イノベーション推進機構・遺伝子実験施設統括責任者、同機構・植物機能ゲノミクス部門長を兼務。専門は植物機能ゲノミクス、植物病理学、植物分子生物学。イネを主材料として植物の耐病性やストレス耐性の分子機構を研究し、エピゲノムを利用した画期的な育種法の開発を推進。令和2年度三重大学知的財産表彰において、「遺伝子の発現が誘導された非天然の植物を生産する方法」の開発により優秀出願賞を受賞。

小林一成
小林一成氏

sub session
サブセッション

無料 要申込
14:15〜14:55

講演

『地域からのイノベーション』

・知財にまつわる失敗
・中小企業の課題と知財の関係
・特許出願の意味は何だろう?
・地域からのイノベーション(顧客や社会の声を聴き、新しい挑戦をする)

講師:株式会社ナベル 代表取締役 永井規夫

1979年03月 関西大学法学部法律学科卒業
1988年10月 有限会社永井蛇腹入社
1988年10月 有限会社永井蛇腹 専務取締役就任
1992年11月 株式会社ナベル 専務取締役就任
1998年04月 株式会社ナベル 専務取締役 兼Nabell U.S.A社長就任
2005年10月 株式会社ナベル 代表取締役社長 兼Nabell U.S.A Chajrman&CEO就任
2012年01月 Nabell CHINA事長就任
2013年   知財功労賞 特許庁長官賞
2016年   ナベルホールディングス 代表取締役社長 就任
2018年   三重大学大学院後期博士課程 地域イノベーション研究科修了
2019年   日刊工業新聞社 第36回優秀経営者顕彰 最優秀経営者賞受賞

永井規夫
永井規夫氏
15:10〜15:50

講演

『知財を活用し、住宅の環境技術を全国展開』

1.地盤改良工事の説明と開発した地盤改良技術「エコジオ工法」の概要
2.特許を活用したエコジオ工法事業のビジネスモデルの概要
3.住宅地盤改良の市場規模とエコジオ工法の施工実績、市場占有率
4.エコジオ工法の社会的価値(環境負荷の低減、土地の価値への影響)
5.特許取得を含めたエコジオ工法の開発ストーリー

講師:株式会社尾鍋組 代表取締役 尾鍋哲也

株式会社尾鍋組 代表取締役。1962年2月、三重県松阪市飯高町生まれ、現在59歳。
41歳の時、環境にやさしい地盤改良工法の施工代理店として住宅の地盤改良事業を始めるが、3年後にその開発会社が倒産。先行きが見えないなか、三重大学 酒井俊典教授との偶然の出会いをきっかけに、三重大学と共同で地盤改良技術の開発に取組む。開発では、解決が不可能と思える課題が次々ともちあがり、開発費用が自社の年間売り上げを超えるが、奇跡的な出会いと常識では考えつかない発想でその課題を解決し、独自の地盤改良技術エコジオ工法を完成させる。
エコジオ工法の施工代理店は全国に56ヶ所、全国での累計施工数は、20,000件を超える。令和3年4月、エコジオ事業に関する知的財産の活用について経済産業省 特許庁より知財功労賞 特許庁長官賞を受賞。著書に、「住宅地盤イノベーション~地方の土木会社が挑んだ17年の軌跡~」(合同フォレスト 令和2年12月)がある。

尾鍋哲也氏
15:55〜16:35

講演

『知的財産を活用した零細企業の自社製品開発』

田舎の零細企業で「最新の自社製品」を作りたい。
そう思った時、どうすれば成功するのだろうか?
何をもってして、「成功」と呼ぶのだろうか?
もし出来たとして、売れるのだろうか?
全てが暗中模索で疑心暗鬼の中、売上約1億円までに成長した当社の「秘密」を公開します。
そこに「知的財産の活用」が不可欠であったのは、言うまでもありません。
人生は一度しかありません。
自らを信じて力を尽くせば、おのずと道は拓けるのです。

  • 講師: 日本エレメント株式会社 代表取締役
    志摩環境事業協同組合 膜事業部 統括部長 宝門豊

1996年~2006年 クボタ環境サービス株式会社
2014年~2016年 志摩市総合整備計画審議委員
2006年~現在 志摩環境事業協業組合
2009年~現在 日本エレメント株式会社

宝門豊氏
16:40〜17:20

講演

『まだ成功していないロボットベンチャーのリアルな取り組み』

講師:株式会社三重ロボット外装技術研究所 代表取締役 森大介

三重県四日市生まれの45歳。地元の工業高校機械科を卒業し実家の家業である木型製造に従事、その後に現在の三重ロボット外装技研の前進である有限会社三重木型製作所に就職する。ここでは社内のDX「デジタルトランスフォーメーション」による生産性向上を主導的に経験し今のスキルに大きく影響を及ぼす事となる。2009年のリーマンには代表取締役に就任し製造能力強化のため工業団地へ移転し操業を開始。それをきっかけにロボット事業への参入を模索、強みを活かせるロボットの外装ボディの開発に着手した。また知財活動を重点課題として強い零細企業へ変身することも目標とした。紆余曲折もあり現在の主力である「接触検知外装カバーYaWaRaKaロボD」の発明に成功、国内外に複数件の特許も取得。また欧州から学べる様に「知財と標準化」はセットと考えていたため経産省が主導している「新市場創造型標準化制度」の採択を経てJIS制定を目指して現在も活動中である。

森大介氏




開催案内チラシはこちら

movie
PR動画 Coming soon

advice
相談コーナー

無料
  • 新しい技術を開発したけれど、これで特許はとれるの?意匠は?
  • 商品・サービスのネーミングを相談したい
  • 経営上の悩み(販路開拓、資金繰り、経営革新、創業支援)を相談したい!
  • 営業秘密の管理ってどういうこと?
  • 海外進出を考えているけれど、知財で気を付けるべき点は?

右

現地会場では、こんな知財や経営に関する疑問やお悩みに、特許庁職員やINPIT知財総合支援窓口、よろず支援拠点、日本規格協会の支援担当者等がお答えします。お気軽にご相談ください!

other
その他

現地会場には、特許庁の支援施策等をご紹介する展示コーナーやパンフレットコーナーを設置します。 また、特許庁が作成しているパンフレットは、以下からも閲覧・ダウンロードできます。

access
会場アクセス

会場

ホテルグリーンパーク津 6階 伊勢

三重県津市羽所町700

アクセス

JR・近鉄「津駅」より徒歩1分